Festival do Japão

提携5周年記念昼食会 新潟日報社とサンパウロ新聞

新聞情報通じて日伯の懸け橋に

記念品の交換を行う新潟日報社の小田社長(右)とサンパウロ新聞の鈴木社長 新潟県新潟市を拠点に活動する新潟日報社(小田敏三社長)と本紙(鈴木雅夫社長)が2011年に新聞提携を行い、今年で5周年の節目の年を迎えた。それを記念した昼食会が、4日正午からサンパウロ(聖)市内のホテルで開かれ、両紙関係者をはじめ日系団体代表など約20人が一堂に会した。
 昼食会には、新潟日報社の小田社長、八木浩幸総務局次長兼秘書部長、土田茂幸編集局報道部企画担当部長、平辰(たいら・たつ)東京新潟県人会名誉会長、石綿良夫同会員、新潟フランス協会の坂本明理事、本紙の鈴木社長らをはじめ、来賓として中前隆博在サンパウロ総領事館総領事、新潟県人会の南雲良治会長、樋口香同副会長、原沢和夫、山内淳両県人会顧問や日系5団体代表者などが出席した。

 昼食会では、本紙の鈴木社長があいさつに立ち、2011年に新潟日報社と新聞提携を結んだ経緯を説明。3日に開催された新潟県人会創立60周年記念式典の慶祝団として来伯した小田社長から「この機会に新聞提携5周年の記念昼食会を催してはどうか」との提案を受けて、この日の昼食会が実現したことへの感謝を表した。

 その後、鈴木社長から来伯した新潟関係者6人が紹介された後、小田社長があいさつ。現在、約230万人の人口を持つ新潟県内で66・7%のシェアを誇る新潟日報社は、自社の新聞以外に県内の朝日、読売、毎日、日本経済の大手4紙を含めて計75万部を印刷しているという。

 また、この10年間で地方紙の連携も進んだとし、全国の7社8紙の記事がインターネット上で読めるようになったそうだ。さらに、その他の提携新聞社との連携で13社の地方紙の社長同士が東京で、毎月交流を深めている。

 本紙との新聞提携について小田社長は、本紙が過去に「菊池寛賞」を受賞していることを挙げ、「サンパウロの県人会などの情報を発信できることは地方紙ならではの仕事。サンパウロ新聞との連携により、日本とブラジルの懸け橋になれれば」と今後も日伯間での情報交換を継続していく考えを示した。

 引き続き、聖市議会からの記念プレートが、野村アウレリオ市議補佐官の桂川富夫氏から小田社長に寄贈。両紙間での記念品の交換も行われた。

 その後、平東京新潟県人会名誉会長の発声で乾杯の音頭が取られ、出席した人々は新潟県の銘酒などを飲みながら昼食会での歓談のひと時を楽しんだ。

サンパウロ新聞 2016年7月7日付

Tags: